株式会社亀太
お電話はこちらまで メールフォームはこちら

商品紹介

MR6000

メモリハイコーダ

シリーズ史上、最高の測定能力と最速の転送速度!

  • 思いどおりにサクサク操作できる大画面タッチパネルの直感操作
  • 一瞬を逃さない高速200MS/s絶縁測定(高速アナログユニットU8976使用時)
  • 保存にかかる時間を劇的に改善し、ストレスフリーな快適性を実現
  • 測定しながら保存する高速リアルタイム保存
  • ファームウェアバージョンアップによる新機能を追加(2021年5月)
MR6000

バージョンアップでより使いやすく、幅広い用途に対応

Ver.3.50新機能についてご紹介するウェビナーを公開いたします。

       

タイムテーブル(全36:13)
① 任意波形発生ユニット(00:00​~13:05)
② 数値モニタ機能(13:06​~14:14​)
③ グリッド固定モード(14:15​~20:56​)
④ ファイル保存/読み込み(20:57​~23:23​)
⑤ CAN、CANFD、LIN測定(23:24​~33:16)
⑥ 電力演算(33:17​~34:45​)
⑦ バージョンアップ方法(34:46​~36:13)

 

 

高速200MS/s絶縁測定

シリーズ史上最高のサンプリング速度を実現した「高速アナログユニットU8976」は絶縁200MS/s測定が可能です。

 

 

 

長時間記録×高速サンプリング×多チャンネル

リアルタイム保存機能を使用することで、内部ストレージメモリの容量に依存することなく測定可能時間をコントロールできます。
長時間記録をしたい場合は、容量の大きいSSDユニットやHDユニットがおすすめです。また、やり取りに優れたUSBメモリやSDメモリカードもご利用いただけます。
すべての現象を高速サンプリングで長時間記録できます。

《 PCへダイレクトに転送 》
FTP送信機能とリアルタイム保存機能を併用することで、測定データを直接パソコンへ転送することが可能です。測定後スムーズにデータ観測ができます。


 

 

 

多現象を確実に捕捉するユニットラインナップ

使用ユニットを複数組み合わせることで、多現象記録が可能です。
ロジックユニットを複数使用すれば、リレーのON/OFFやPLC(プログラマブルロジックコントローラー)の信号測定が最大128ch同時に測定可能です。
温度ユニットに熱電対を装着して、温度を測定することもできます。

 


        

製品のご不明な点やお見積り等は
下記より問い合わせください。