株式会社亀太
お電話はこちらまで メールフォームはこちら

代表メッセージ

当社の存在意義

自分たちが本当に良いと思う
”もの”・“こと”で世の名をいっぱいにする
ことを通して
出会った人を喜ばせる。


入社以来、15年間これからの商社の存在意義を考えてきました。社長就任を機に実践して実感してきたその答えを会社の存在意義として掲げました。本当にという言葉に込めた思いは自分たちで実際に使ってみて良いと思うものを提供するという強いこだわりです。

代表取締役 社長 橋本尚史

創業130年を超える老舗商社

 明治20年に繊維の卸問屋として創業した当社は、その時代にあった商品を提供することで地域から必要とされ多くのお客様に支えられて130年を超える歴史を歩んできました。戦後、測量機器の取り扱いをはじめ昭和29年に株式会社として改組して以来、電子計測器や気象観測機器など取り扱い商品を増やしながら様々な業種、様々な用途で必要な「はかる」ために必要なセンサーやシステムを中心に専門知識を持った計測機器の商社として成長を続けてきました。また、計測機器を使用する工事現場や工場だけでなく、お取引頂くお客様の事務所で必要なOA事務機器も提供をしてきました。

製品やサービスについて誰よりも一番厳しいユーザーであるために

 10年ほど前から当社では測量機器を現場で活用するために必要な三次元データの作成や当社が販売するレーザースキャナやドローンを使用した計測業務を始めました。この取り組みは、決してデータ作成や計測作業を請け負うことを目的にしているのではなく、自分たちが扱う商品やサービスを実際に使用してみてどのような変化をお客様に提供できるのかを知りたいという思いからでした。結果として、商品やサービスの提供の際には実際に現場にどのような変化を起こすことができるのかを事前にお客様に実際に見せることができるようになり、また、導入後のアフターフォローについても提供した商品を実際に業務で活用してきた経験豊富な社員が対応することで確実に変化を感じてもらうことにつながっていっています。

一人ひとりが自分らしくお互いに助け合える会社を目指して

 当社が取り扱う商品は非常に多岐にわたります。また、お客様の業種や使用環境も千差万別です。それだけにお客様の対応する担当の社員一人ではすべてのニーズに答えていくのは難しいと思います。また、当社で働く社員も一人ひとり個性を持っています。一緒に働く社員同士がお互いに好きや得意なことで力を発揮して、嫌いや苦手なことは助け合うことで一人ひとりが自分の良さを発揮できる会社にしていきたいと思っています。

 

代表取締役社長 橋本尚史